このページをプリントする
薬局

薬局


概要

スタッフ構成

薬剤師7名、クラーク2名

主な業務内容

外来・入院・在宅処方、院内注射処方、高カロリー輸液をはじめとする各調剤・調整業務を基本とし、医薬品情報の管理・提供、薬物評価、在庫・品質管理などの多岐に渡る分野に関与しています。以上に並行し、医薬品が安全かつ有効に使用される体制の管理にも注視して、業務を遂行しています。

各業務のご紹介

薬剤師の業務

薬剤師の仕事は「くすりの調合」または「調剤」というイメージは、ほとんどの方が持っているでしょう。調剤という行為はただ薬を作るだけととらえられがちですが、薬剤師は薬があればそれを正しく理解していただき、安心して服用してもらう言わば「相互信頼」で成り立っている職業だといえるかもしれません。医療職種間でも医師、看護師に適切な情報の提供を通し、副作用・相互作用などが生じないような薬物治療のサポートが求められます。

「服薬指導」という言葉があります。
薬をのんでいただくのに「これは本当に効くのか?」「のみたくないなー」など、不安がつきまとうのは当然でしょう。健康を回復させるためにそれを理解していただくように、用法・用量・注意事項などを説明するのが私たちの大事な仕事です。入院されている患者さんには、直接病室に出向いて会話を通して服薬指導を行います。

例えば点滴注射だけの治療をされている場合でも、そのお薬が適切な速度で投与されているか、混ぜているものに不都合はないか、また食事との影響はないか・・・など、さまざまな方向からチェックを行ってもいるのです。
通院が困難な患者さんには、直接お家を訪問して在宅訪問指導が行われます。言ってみれば入院と違い「我が家」ですから、患者さんもご家族もリラックスしてお話をしていただけるという点で、薬剤師と患者さんがより一層仲良くなれる場でもあるといえるのではないでしょうか。

薬局の業務

近年の医療界は専門制度が明確化してきている傾向にあります。確かに膨大な情報をすべて把握するというのは現実的にかなり困難です。特にがん治療や抗菌剤治療などは、薬物の選択・投与量・スケジュールなどの管理が非常に複雑化するものです。そのような意味でも、この分野には薬剤師の存在は不可欠といえます。
当院では無菌操作が必要な調製や抗癌剤の混注は、すべてにおいて薬剤師が行っており、有効な治療、安全管理に寄与しています。
薬剤師は調剤のプロであると同時に、医療情報・薬品管理・調製技術・指導能力など多くの要素が求められます。これに加えて今後は「フィジカルアセスメント」、つまり薬剤師が患者さんの脈をとったり、呼吸状態の測定などの分野にも進んでいくのではないでしょうか。