このページをプリントする
院長からのごあいさつ

院長からのごあいさつ

ごあいさつ

庄内余目病院を代表して、ご挨拶させていただきます。
当院は山形県庄内町に平成3年8月に開設し、庄内地方の地域のニーズに応えた医療サービスの提供を病院運営の基盤とし、そこにいくつかの専門性の高い先進医療も取り入れています。
特に高齢者の多いこの地域で、当院での急性期、回復期リハビリテーション、療養病棟での治療に加えて、当院と関連のある5つの介護老人保健施設とも密接な連携を取り、高齢者の個々の状態に応じたきめ細かな医療サービスを提供しています。
また専門性の高い先進医療では、心臓カテーテル治療、低侵襲の腹腔鏡下外科手術、脳神経疾患の治療、脊椎の専門治療、褥瘡や難治性の下肢の創傷に対する創傷チーム医療など、高齢者や重症例にも積極的に最先端の治療で臨んでいます。
また、豊富な診療経験と医療技術を生かして、各診療科が緊密に連携して個々の患者さんの疾病に応じた治療を実施できるのも当院の特徴です。
さらに医療講演や院内での「健康フェスティバル」の開催など、地域や患者さんの啓蒙活動にも力を入れ、予防医療にも力を入れています。
今の医療は、医師から患者さんへの一方通行ではありません。庄内余目病院は、患者さんを中心に病院の全部署が一丸となって、患者さんと一緒に病気を向かい合って行きます。
どうぞ、よろしくお願いします。
庄内余目病院 院長 寺田 康
庄内余目病院 院長
寺田 康