このページをプリントする
院長からのごあいさつ

院長からのごあいさつ

ごあいさつ

当院は山形県庄内町に1991年8月に開院し、庄内地方の地域に根ざした医療の提供を病院の運営方針にしてきました。

その大きな特徴は、ケアミックス型の病院機能です。当院には急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟、地域包括ケア病棟の4つの病院機能があり、一つの病院で急性期医療、リハビリテーション、慢性期医療と患者さんの病態に合った医療の提供が可能です。また、退院後もかかりつけ医を介して地域包括ケア病棟を利用することもできます。さらに当院と関連のある4つの介護老人保健施設とも密接な連携を取り、個々の患者さんの状態に応じたきめ細かな医療サービスを提供しています。

一方、専門性の高い先進医療も積極的に取り入れています。心臓カテーテル治療や脳外科手術、腹腔鏡下手術、慢性創傷の治療、下肢静脈瘤の血管内治療など、高度で専門的な治療を行っています。

豊富な診療経験と医療技術を生かして、各診療科が密接に連携して個々の患者さんの疾病に応じた治療を行い、それらを多職種チームで支えているのも当院の特徴です。

これからも「進め、前へ!」をモットーに頑張ります。

どうぞよろしくお願いします。

庄内余目病院 院長 寺田 康
庄内余目病院 院長
寺田 康