このページをプリントする
院長からのごあいさつ

院長からのごあいさつ

ごあいさつ

当院は山形県庄内町に平成3年8月に開院し、庄内地方の地域に根ざした医療の提供を病院の運営方針にしてきました。

その大きな特徴は、ケアミックス型の病院機能です。当院には急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟,そして地域包括ケア病棟があり、一つの病院で個々の患者さんの病態に合ったきめの細かい医療を受けることができます。また、退院後も掛かりつけ医を介して地域包括ケア病棟の利用もできます。さらに当院と関連のある4つの介護老人保健施設とも密接な連携を取り、急性期治療から終末期の看取りまで地域の患者さんの様々なニーズに応じた医療サービスを提供しています。

一方、専門性の高い先進医療も積極的に取り入れています。循環器内科、心臓血管外科、脳神経外科、外科、創傷ケアセンター、透析センターなど、最先端の治療を行っています。また、平成31年4月から、婦人科、乳腺外科の診療を始めました。

豊富な診療経験と医療技術を生かして、各診療科が密接に連携し、またそれを病院スタッフが支えるのも当院の特徴です。

これからも「進め、前へ!」をモットーに職員一同一丸となって頑張ります。

どうぞよろしくお願いします。

庄内余目病院 院長 寺田 康
庄内余目病院 院長
寺田 康