1. 看護部TOP
  2. 看護部について
  3. 看護部長からのメッセージ

看護部長からのメッセージ

 庄内余目病院は、急性期の一般病棟、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟の4つの病院機能を併せ持つケアミックス型の病院であり、患者さん個々の病状に合わせた適切な治療を一貫して行っています。
 当院には、県内でも有数の規模を誇る透析センター、難治性の慢性創傷・足病変治療に取り組む創傷ケアセンター、365日休まず稼働するリハビリテーションセンターがあり、多職種によるチーム医療を実践しています。また、急性期医療としては、心臓カテーテル検査・治療や不整脈に対するリードレスペースメーカー治療、脳卒中や脳腫瘍の治療、低侵襲の腹腔鏡下手術の他、下肢静脈瘤の血管内治療、高気圧酸素療法といった専門性の高い治療を導入しており、高齢者の方に関しても“決してあきらめないで”という医療を実践しています。
 看護部では教育にも力を入れており、クリニカルラダーに基づく継続教育のほか、県内外研修への参加支援、認定看護師の資格取得支援、新人看護師の育成の充実を図り、個々の目標に向かってキャリア形成を支援しています。また、育児休暇の取得と24時間保育可能な院内保育所もあり、子育て中の方も安心して仕事ができる環境が整っています。
 広大な庄内平野と日本海に囲まれた、自然と食が豊かな庄内地域はとても住みやすく、私たちの心を癒してくれます。そんな魅力あふれるここ庄内で、あなたの看護師としてのキャリアを積んでみませんか?

看護部長 齋藤友子
庄内余目病院
看護部長 齋藤 友子

当院で実現できること

  • 新卒者は一般病棟をローテーションし、内科、外科、整形外科、循環器内科、心臓血管外科、脳神経外科などで基礎看護・技術を学ぶことができます。
  • 急性期から慢性期まで患者さんに寄り添った関わりを持つことが出来、既卒者にもこれまでの経験や希望を考慮した部署へ配属します。
  • 認定看護師の資格取得支援や県内外の学会・各種研修会への参加費用を病院で負担し、学びたいスキルを高めたい人を病院全体でサポートします。
  • 徳洲会グループのスケールメリットを活用し他の病院で研修することもできます。
  • 子供を安心して預けて働ける24時間保育所が敷地内にあり、1日500円で利用できます。