このページをプリントする
頚椎症

脊椎センター せぼね外来

頸椎症

■頸椎症とは
頚椎に加齢性変化が生じると、骨自体が変形することがあります。骨の変形が著明になると骨棘と呼ばれる骨軟骨性隆起が生じます。もともと脊柱管が狭窄(狭いこと)しているなどの因子が関与し、この骨棘が脊髄神経を圧迫すると様々な症状が出現します。

■症状について
片側あるいは両側の上肢にしびれや痛みが出現します。進行すると、両手を使った細かい動作(箸を使う動作・ボタンをかける動作・字を書く動作)が出来にくくなります。
また、足のしびれ・歩行障害(ふらつき、わずかな段差でつまづく)を伴うこともあります。また、道で転倒するなどの比較的軽い外傷にもかかわらず、四肢麻痺などの極めて重い症状が出現することもあります。

■検査について
X線、MRI、CT、脊髄造影検査などを行います。

■治療について
  • 保存的治療
    しびれなど症状が軽い場合は、安静、薬剤の投与、神経や硬膜外の痛み止めの注射(ブロック)、カラー装着、牽引等により治療します。
  • 手術による治療
    保存的治療を行っても、頚部〜上肢の強い疼痛・脱力が持続する場合、上肢の動作ができにくい場合、下肢症状・排尿排便障害を伴う場合は、手術により神経の圧迫を取り除き症状の軽快や進行予防をはかる必要があります。
    また、外傷後に急激に四肢麻痺の症状が出た場合には、緊急手術の適応となります。

■当院での手術治療
症状や画像所見を様々な角度から検討して、手術方法を決めます。
手術方法としては、頚部の前から行う方法(頚椎前方除圧固定術)と、頚部の後ろから行う方法(頚椎椎弓切除術、頚椎椎弓拡大形成術など)があります。
  • 頚椎前方除圧固定術
  • 頚椎椎弓切除術
  • 頚椎椎弓拡大形成術