このページをプリントする
頚椎椎間板ヘルニア

脊椎センター せぼね外来

頸椎椎間板ヘルニア

■頸椎椎間板ヘルニアとは
頚椎(首の骨)の間には骨のクッションの役割をしている椎間板があります。
頚椎の老化や首に負担がかかる生活習慣、炎症、外傷などのため椎間板が傷み、変形してとび出し、脊髄や枝分かれしていく神経(神経根)を圧迫することがあります。もともと脊柱管が狭い場合は、この圧迫症状が容易に出現します。このように椎間板が脱出し脊髄神経を圧迫する症状を頚椎椎間板ヘルニアといいます。

■症状について
頚部痛や片側上肢の疼痛・脱力やしびれが急に出現します。症状は首を横に倒したり、上を向いたりすると悪くなることがあります。ヘルニアの種類によっては歩行障害やめまい、排尿・排便障害などの症状を伴うことがあります。

■検査について
頚椎椎間板ヘルニアのイメージ
X線、CT、MRIで診断されますが、脊髄造影検査など特殊な検査が必要な場合もあります。 頚椎椎間板ヘルニアのMRI
とび出た椎間板が脊髄を圧迫している(矢印)

■治療について
  • 保存的治療
    軽いしびれなど症状が軽い場合は、安静、薬剤の投与、神経や硬膜外の痛み止めの注射(ブロック)、カラー装着、牽引等により治療します。
  • 手術による治療
    保存的治療を行っても、頚部〜上肢の強い疼痛・脱力が持続する場合、下肢症状・排尿排便障害を伴う場合は、手術により神経の圧迫を取り除く症状の軽快や進行予防をはかる必要があります。

■当院での手術治療
症状や画像所見を様々な角度から検討して、手術方法を決めます。手術方法としては、頚部の前から行う方法(頚椎前方除圧固定術)と頚部の後ろから行う方法(頚椎椎弓切除術、頚椎椎弓拡大形成術など)があります。
  • 頚椎前方除圧固定術
  • 頚椎椎弓切除術
  • 頚椎椎弓拡大形成術