このページをプリントする
創傷ケアセンター

創傷ケアセンター(足と傷の外来、フットケア外来、くつ外来)


創傷ケアについて

創傷ケアセンター
兼 形成外科部長

富樫 真二

足壊疽(えそ)ってご存じですか? 床ずれは治せることを知っていますか?
医学は日々進歩しています。以前は発症すると治らないとされていた病気がひとつひとつ治るようになってきました。かたや平均寿命が延びたことで、今までは人生の最後で発症しても「寿命だから」と治療されなかった病気も問題となってきました。
足壊疽は足が腐る病気です。原因は閉塞性動脈硬化症(いわゆる動脈硬化)です。また糖尿病患者さんではより重症になりやすいです。いまや日本では約40万人が罹患しているといわれています。結果として足を失うことになります。足を失えば、自力で動けなくなり、より身体の機能が衰えていきます。
床ずれ(褥瘡)は、自宅介護が増える今後はさらに大きな問題となってきます。原因が実は持病の悪化や栄養失調がきっかけとなっています。当然それらの治療もあわせて進めなければ治りません。
わたしたちの施設は、2006年10月より東北地方ではいち早くこれらを総合して診療する創傷ケアセンターを開設し、ほぼすべての検査と治療、リハビリをそろえています。
わたしは庄内地方(鶴岡市)の出身ですが、庄内といった地方にいながら日本でもトップレベルの治療体制を提供できていると自負しています。患者さんが地元で安心して治療を受けられるように日々進化させています。ぜひ気軽にご相談いただき、患者さんもわたしたちをご評価ください。

当センターの特徴

4つの専門外来の連携体系

他職種による集学的治療を実施

専門的な訓練を受けた医師を中心とした医療チームにより、治療が困難とされる慢性創傷の治療を短期間で集中的に行います。

創傷治療先進国であるアメリカから最新治療を導入

アメリカで創傷治療の専門的なプログラムを確立し、大きな実績を上げているコンサルティング会社「株式会社ミレニアメディカル」との連携で、最新の治療を提供しています。
当センターのスタッフは専門的なトレーニングを受け、そのプログラムに基づいて治療を行っています。
株式会社ミレニアメディカルのWebサイトはこちらへ

治療の流れ

外来受診による治療を基本とし、短期間で集中的な治療を行っています。
多くの患者さんは14週で80%程度の治療が可能です。また、ご自宅での創傷処置もサポートしています。

ステップ1【 診察・検査 】

傷のチェック、血液検査、血圧脈波検査(ABI、SPP)、画像検査(単純X線、造影CT)、治療方針の決定

ステップ2【 治療 】

血管形成術(循環器内科)、血行再建手術、植皮・形成手術(外科)、傷の閉鎖・感染管理、補助療法(高気圧酸素療法、LDL吸着など)

ステップ3【 再発・防止 】

くつ外来でオーダーメイド靴の作製、リハビリテーション治療、フットケア指導
くつ外来についてはこちら

創傷治療例

実際の治療経過をこちらよりご覧になれます。関心をお持ちの方はどうぞご覧ください。
※ご注意:治療前後の傷の画像が掲載されております。 創傷治療例はこちらへ

治療実績

2016年度 形成外科・創傷ケアセンターグループ

外来診療日数 94日
外来患者総数 2,602人
  フットケア外来 1,009人
装具・くつ外来 477人
初診算定患者数 201人
新患数 104人
  フットケア外来 28人
装具・くつ外来 2人
紹介患者数 115人
新入院数(内、他科からの転入) 120人(13人)
在院数 5,989人
平均在院日数 50.1日

2016年度 形成外科・創傷ケアセンターグループ 治療実績

デブリードマン・腐骨摘出術 114件
皮膚腫瘍摘出術(良性・悪性) 10件
筋(皮)弁術・皮弁作成術 34件
全層・分層植皮術 15件
大腿・足部・足指切断術 15件
末梢血管バイパス術 10件
動脈塞栓除去術 5件
血管結紮術 3件
腱延長・切離術 7件
観血的関節固定術・骨切り術 8件
バスキュラーアクセス関連手術 3件
その他 12件

お問い合わせ

担当 創傷ケアセンター(兼 地域医療連携室)
所在地 〒999-7782 山形県東田川郡庄内町松陽1丁目1−1
TEL 0234-43-3470(直通)
受付時間 月〜金曜日 9:00〜17:00