このページをプリントする
外科

外科


診療内容

当院の外科の特色の一つに、小さな傷口でできる腹腔鏡手術の発展があげられます。一つの孔(傷口)から手術を行うシングルポートサージェリーを庄内で初めて行い、2011年度からは胃・大腸手術、胃ろう造設術にも応用してきました。さらに今年度からはソケイヘルニアに対しての腹腔鏡手術も導入しました。今後は内視鏡と腹腔鏡のコラボレーションによる低侵襲治療に積極的に取り組みながら、近年注目を集めている「NOTES」と呼ばれる体表面に傷を一切作らない手術の導入にも力を入れていきます。

《主な腹腔鏡下手術》

  • 胃がん、胃腫瘍に対する腹腔鏡補助下胃切除術、胃全摘出術
  • 大腸がん、大腸腫瘍に対する腹腔鏡補助下大腸切除術
  • 胆石症に対する腹腔鏡下胆のう摘出術
  • ソケイヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア根治術

シングルポートサージェリー(単孔式内視鏡手術)の導入

腹腔鏡手術は一般的には4箇所の孔(5mm~20mm)を開けて手術を行います。近年では更なる低侵襲を求め、腹腔鏡で使用する傷(孔)の数を減らす試みが行われております。その一つが「シングルポートサージェリー」です。この手術は臍部の上に25mm程度の傷をつけ、そこから手術器具・内視鏡カメラを挿入して手術を行います。傷が一つだけで術後の痛みが少ない、在院日数が短いなどの利点も多くあり、体力的に手術が困難な方や高齢者の方でもお勧めできる治療法です。日本では2008年より認可され、当院でも2009年より導入しており、炎症の少ない胆石症や胆のう摘出術、大腸手術などにも積極的に取り入れております。


▼手術創(傷口)で見る違い


腹腔鏡下ヘルニア根治術について

下腹部と臍部よりポートを3か所挿入して手術を施行します。ポートから腹腔鏡を腹腔内に挿入し、ヘルニア門を同定します。そのうえでヘルニア門をメッシュと呼ばれるシートで補強します。従来の開腹手術は、やかんに空いた穴に対して、外から穴をふさぐようなものでしたが、腹腔鏡手術は内側から穴をふさいで修復するものですので、極めて理にかなった手術法です。
1980年代に行われ始めた手術法で、日本でも徐々に増加してきており、当院でも2015年度から導入して積極的に手術施行しております。

▼手術の流れ(例:右内鼠径ヘルニア)   Right side

Right side, direct hrenia (JHS:typeⅡ-3)

クリックで拡大します


≪腹腔鏡手術の利点≫

①ヘルニアの場所と大きさの診断が確実にできる
 腹腔内より直接ヘルニア門の確認ができるため、診断が確実です。
 また、反対の鼠径部を確認することができるため、例えば反対側に小さなヘルニアを認める場合に
 は、同時に手術することも可能です。
②別のヘルニアも同時に治療
 鼠径部には鼠径ヘルニア以外にも大腿ヘルニアといった他のヘルニア
 も発生することもあり、それらを含めて補強することができます。
③術後の創部、痛みを最小限に
 創が小さいため、術後の痛みが少ないです。
 従来の開腹手術では5㎝程度でしたが、ポートの傷は5㎜のため、
 ほとんど目立ちません。
④入院期間の短縮
 術後は早ければ翌日に退院できます。

医師紹介

外科部長木村 憲幸

専門分野 外科
認定資格 日本外科学会 外科専門医、消化器内視鏡学会専門医
得意な治療 腹腔鏡手術
ひと言 2014年10月より外科常勤医師としてお世話になります。当院では前外科部長の柏木先生が腹腔鏡手術をはじめとして、さまざまな手術を積極的に行ってこられました。私もこれらの手術を継承し、さらに発展させていきたいと考えております。

外科部長森 光生

専門分野 一般消化器外科
認定資格 外科専門医・指導医、消化器外科専門医・指導医、消化器内視鏡専門医・指導医
得意な治療 消化器外科治療(特に胆道外科治療・内視鏡治療)
ひと言 山形県に滞在するのは初めてです。米処の庄内地区で、患者さん主体の医療、丁寧な外科診療を心がけます。また、庄内余目病院での外科診療を通して、庄内地区の地域医療、さらに、高齢化の激しく進む日本の地域医療について考えていきたいと思います。

医師スタッフ一覧

外科部長 木村 憲幸
外科部長 森  光生
非常勤医師 坂井 庸祐
非常勤医師 中川 剛士(東京医科歯科大学 乳腺外科)
非常勤医師 平﨑 重雄

当院の取り組み

当院では一般社団法人NCDが運営するデータベース事業へ参加しています

当院では、医療の質向上のため、一般社団法人NCD(National Clinical Database)が運営するデータベース事業へ外科関連の手術情報の登録を行っています。一般社団法人NCD(National Clinical Database)の詳細は、下記資料をご確認ください。
患者さんへ 専門医制度と連携したデータベース事業について
なお、ご不明な点がありましたら、当院 診療情報管理室までご連絡ください。


診療実績

2016年度 外科

外来診療日数 281日
外来患者総数 9,898人
初診算定患者数 1,014人
新患数 232人
紹介患者数 480人
新入院数(内、他科からの転入) 615人(49人)
在院数 8,456人
平均在院日数 13.7日

2016年度 外科 治療実績

乳腺悪性腫瘍手術 7件
食道悪性腫瘍手術(消化管再建を伴う) 3件
肺悪性腫瘍手術 2件
胃悪性腫瘍手術 15件
胃腸吻合術 3件
大網充填術または被覆術 2件
虫垂切除術 4件
直腸切除術・切断術 2件
直腸腫瘍摘出術(ポリープを含む) 1件
結腸切除術(半側切除、悪性腫瘍手術) 23件
小腸切除術 4件
膵頭十二指腸切除術 3件
胆嚢摘出術 20件
急性汎発性腹膜炎手術 6件
人工肛門造設術・閉鎖術 7件
腸瘻造設術 1件
ヘルニア根治術 30件
脾臓摘出術 1件
開腹止血術・試験開腹術 6件
破裂腸管縫合術 1件
気管切開術 3件
皮膚皮下腫瘍摘出術 12件
中心静脈栄養用埋込型カテーテル設置術・抜去術 4件
抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用埋込型カテーテル設置術 3件
バスキュラーアクセス関連手術 9件
その他 2件
腹腔鏡手術(再掲)
肺悪性腫瘍手術 2件
胃悪性腫瘍手術 4件
虫垂切除術 3件
直腸切除術・切断術 2件
結腸切除術(半側切除、悪性腫瘍手術) 15件
胆嚢摘出術 14件
人工肛門造設術・閉鎖術 1件
ヘルニア根治術 8件
内視鏡手術
上部 食道ステント留置術 1件
食道バルーン拡張術 2件
胃粘膜切除術(EMR) 3件
胃粘膜下層剥離術(ESD) 22件
胃瘻造設術 15件
胃内異物除去術 3件
上部消化管止血術 27件
下部 大腸ポリープ切除術 190件
大腸粘膜下層剥離術(ESD) 3件
大腸ステント留置術 4件
下部消化管止血術 3件
その他 乳頭切開術(EST) 11件
逆行性胆管ドレナージ(ERBD) 9件
経鼻胆管ドレナージ(ENBD) 3件
胆管結石砕石術 1件