このページをプリントする
内科

内科


診療内容

当院の内科は、臓器別診療にとらわれない幅広い領域の内科系疾患を対象に、各専門の先生と連携し診療を行っています。特に高齢者が多いこの地域では、複数の疾患をかかえている患者さんも多く、総合的な全身管理を行いつつ、必要に応じて各専門医の診察を受けて頂いております。
外来患者数は一日70名前後、入院患者数は40名前後を担っています。
入院では、肺炎・腎盂腎炎などの感染症疾患が群を抜いて多数を占めていますが、その他心不全、糖尿病、腎不全、貧血、時には一酸化中毒や薬物中毒など様々な疾患を管理・治療しています。そのような中で、診療の質の向上には外科系も含んだ専門医師の協力・指導が必要であり、院内外から様々な協力を受け、診療に当たっています。


医師紹介

内科部長西邨 俊吾

専門分野 一般内科、腎疾患及び透析
認定資格 日本内科学会認定 総合内科専門医
日本腎臓学会認定 腎臓専門医
日本透析学会認定 透析専門医
ひと言 地域の患者様に微力ではありますが、お役に立てればと考えております。
専門は腎疾患および透析ですが、内科一般に関してお気軽にご相談下さい。
何卒よろしくお願い申し上げます。

内科医長瀬角 裕一

専門分野 総合診療
認定資格 日本外科学会認定 外科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
ひと言 初期研修終了後は外科医として急性期医療に携わっていましたが、以前より思い入れの強かった地域医療に貢献したく、2018年4月より総合診療医として赴任することとなりました。主に内科病棟での勤務となりますが、外科医としての経験を活かしつつ地域の皆様にお役に立てればと思います。
認知機能低下高齢者に対する上部消化管内視鏡検査の有効性を検討する後ろ向き臨床研究について

内科医長海野 航

専門分野 糖尿病、甲状腺機能、総合診療
認定資格 日本糖尿病学会認定 糖尿病専門医
日本内科学会認定 総合内科専門医
ひと言 専門は糖尿病診療です。その他、前任地では甲状腺機能異常なども担当しておりました。
地域医療に少しでも貢献できるように精進いたします。よろしくお願いいたします。

内科部長森 修司(健康管理センター、療養病棟担当)

専門分野 内分泌学、一般内科
認定資格 日本内科学会認定 内科医
産業医
ひと言 各科の先生の協力を得ながら、誠実で実際的な医療を実践したいと考えています。どの年齢においても人間の健康と疾患は常に往きつ戻りつしているもので、その状態に合わせて医療の量や種類を適切に調整することが肝要とも考えています。

医師(非常勤)山本 直史

専門分野 感染症、糖尿病
認定資格 日本内科学会認定 総合内科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
ひと言 患者様の言葉を傾聴し、安心して生活出来るように頑張ります。

医師(非常勤)長戸 孝道

専門分野 肝臓内科、糖尿病、総合診療
認定資格 日本肝臓学会認定 肝臓専門医
日本救急医学会ICLSコースディレクター
日本救急医学会ISLSコースコーディネーター
ひと言 地域に根差した医療をモットーに、出来るだけ皆さんの身近な存在で、信頼していただける医療を行っていきたいと思います。

医師(非常勤)松田 直人

専門分野 感染症、総合診療
認定資格 日本感染症学会認定 感染症専門医
日本内科学会認定 内科医
ひと言 総合診療医として患者様に寄り添い、様々な疾患に対して継続して治療を行い、庄内地方の地域医療の一助になれればと思います。

医師(非常勤)西島 昌美

専門分野 一般内科、泌尿器疾患
認定資格 産業医
ひと言 できるだけ患者様の意向をくみ取れるように地域医療を考えていきたいと思います。その他泌尿器科疾患(失禁・過活動膀胱など)でお困りのことがあればご相談ください。

医師スタッフ一覧

内科部長 西邨 俊吾
内科医長 瀬角 裕一
内科医長 海野 航
内科部長 森 修司(健康管理センター、療養病棟担当)
非常勤医師 山本 直史
非常勤医師 長戸 孝道
非常勤医師 松田 直人
非常勤医師 西島 昌美

診療実績

2018年度 内科

外来診療日数 293日
外来患者総数 20,404人
初診算定患者数 2,108人
新患数 353人
紹介患者数 884人
新入院数(内、他科からの転入) 770人(22人)
在院数 15,402人
平均在院日数 20.0日

2018年度 疾患別治療患者数(内科:医療資源再投入病名:ICD10分類による)

●感染症および寄生虫症(A00-B99) 40件
腸管感染症(A00-A09)4件
結核(A15-A19)2件
その他の細菌性疾患(A30-A49)28件
中枢神経系のウイルス感染症(A80-A89)1件
皮膚および粘膜病変を特徴とするウイルス感染症(B00-B09)2件
ウイルス肝炎(B15-B19)2件
真菌症(B35-B49)1件
●新生物(C00-D48) 25件
消化器の悪性新生物(C15-C26)13件
呼吸器および胸腔内臓器の悪性新生物(C30-C39)6件
尿路の悪性新生物(C64-C68)1件
部位不明確、続発部位および部位不明の悪性新生物(C76-C80)2件
良性新生物(D10-D36)2件
性状不詳または不明の悪性新生物(D37-D48)1件
●血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害(D50-D89) 19件
栄養性貧血(D50-D53)9件
溶血性貧血(D55-D59)1件
無形成性貧血およびその他の貧血(D60-D64)5件
凝固障害、紫斑病およびその他の出血性病態(D65-D69)2件
血液および造血器のその他の疾患(D70-D77)2件
●内分泌、栄養および代謝疾患(E00-E90) 55件
甲状腺障害(E00-E07)1件
糖尿病(E10-E14)11件
その他のグルコース調節および膵内分泌障害(E15-E16)3件
栄養失調(症)(E40-E46)1件
代謝障害(E70-E90)39件
●精神および行動の障害(F00-F99) 4件
症状性を含む器質性精神障害(F00-F09)1件
精神作用物質使用による精神および行動の障害(F10-F19)1件
気分[感情]障害(F30-F39)1件
神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害(F40-F48)1件
●神経系の疾患(G00-G99) 16件
中枢神経系の炎症性疾患(G00-G09)1件
神経系のその他の変性疾患(G30-G32)2件
挿間性および発作性障害(G40-G47)10件
神経筋接合部および筋の疾患(G70-G73)1件
神経系のその他の障害(G90-G99)2件
●眼および付属器の疾患(H00-H59) 1件
緑内障(H40-H42)1件
●耳および乳様突起の疾患(H60-H95) 14件
内耳疾患(H80-H83)14件
●循環器系の疾患(I00-I99) 73件
高血圧性疾患(I10-I15)5件
虚血性心疾患(I20-I25)1件
その他の型の心疾患(I30-I52)46件
脳血管疾患(I60-I69)11件
動脈、細動脈および毛細血管の疾患(I70-I79)5件
静脈、リンパ管およびリンパ節の疾患、他に分類されないもの(I80-I89)3件
循環器系のその他および詳細不明の障害(I95-I99)2件
●呼吸器系の疾患(J00-J99) 293件
急性上気道感染症(J00-J06)2件
インフルエンザおよび肺炎(J10-J18)137件
その他の急性下気道感染症(J20-J22)4件
慢性下気道疾患(J40-J47)14件
外的因子による肺疾患(J60-J70)108件
主として間質を障害するその他の呼吸器疾患(J80-84)10件
下気道の化膿性およびえ<壊>死性病態(J85-J86)6件
胸膜のその他の疾患(J90-J94)10件
呼吸器系のその他の疾患(J95-J99)2件
●消化器系の疾患(K00-K93) 37件
食道、胃および十二指腸の疾患(K20-K31)8件
非感染性腸炎および非感染性大腸炎(K50-K52)2件
腸のその他の疾患(K55-K63)9件
肝疾患(K70-K77)10件
胆のう<嚢>、胆管および膵の障害(K80-K87)6件
消化器系のその他の疾患(K90-K93)2件
●皮膚および皮下組織の疾患(L00-L99) 6件
皮膚および皮下組織の感染症(L00-L08)4件
皮膚炎および湿疹(L20-L30)1件
皮膚および皮下組織のその他の障害(L80-L99)1件
●筋骨格系および結合組織の疾患(M00-M99) 16件
炎症性多発性関節障害(M05-M14)5件
全身性結合組織障害(M30-M36)4件
その他の脊柱障害(M50-M54)1件
筋障害(M60-M63)6件
●尿路性器系の疾患(N00-N99) 99件
腎尿細管間質性疾患(N10-N16)9件
腎不全(N17-N19)20件
尿路結石症(N20-N23)4件
尿路系のその他の疾患(N30-N39)64件
男性生殖器の疾患(N40-N51)2件
●損傷、中毒およびその他の外因の影響(S00-T98) 29件
頭部損傷(S00-S09)2件
胸部<郭>損傷(S20-S29)2件
肘および前腕の損傷(S50-S59)1件
部位不明の体幹もしくは(四)肢の損傷または部位不明の損傷(T08-T14)1件
自然開口部からの異物侵入の作用(T15-T19)3件
薬物、薬剤および生物学的製剤による中毒(T36-T50)2件
薬用を主としない物質の毒作用(T51-T65)4件
外因のその他および詳細不明の作用(T66-T78)6件
外科的および内科的ケアの合併症、他に分類されないもの(T80-T88)7件
損傷、中毒およびその他の外因による影響の続発・後遺症(T90-T98)1件
総計 727件