このページをプリントする
リハビリテーション科

リハビリテーション科


診療内容

リハビリテーションとは病気やけがによって主に身体的・機能的な障害を持った方を対象として、診断・評価・治療を行い、社会復帰を支援する医学的技術です。特徴は疾患の治療に加えて、疾患により低下した機能を改善し能力の低下を軽減することで障害を持った方の生活(人生)の質(QOL:Quality of life)の維持、改善を目標とするものです。
リハビリテーションは障害を専門とする医学ではありますが、そこにはおのずと限界があり、残された障害に対応するためは社会的・教育的・職業的・心理的リハビリテーションなど多くの別の技術と利用者の意思を尊重して行われる連携が必要です。
そのために、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士、医療ソーシャルワーカー等がチームとなり、チームのメンバーがそれぞれの専門性を生かし、時には社会資源(介護保険など)を利用して、障害を持った方の治療や援助を行っていきます。

医師紹介

リハビリテーション科部長大利 昌宏

専門分野 リハビリテーション分野、整形外科分野
認定資格 日本整形外科学会(整形外科専門医、認定スポーツ医、認定リウマチ医、認定運動器リハビリテーション医)、日本リハビリテーション医学会(リハビリテーション専門医、認定臨床医)
得意な治療 リハビリテーション分野(運動器疾患)、整形外科分野(股関節疾患、スポーツ外傷・障害、一般外傷等)
ひと言 リハビリテーション医として就任しました。リハビリ外来と回復期リハビリテーション病棟を担当します。また、火曜日の整形夕診も行っています。回復期リハ病棟は初めてですので不慣れなところもあるかとも思いますが、皆さまのご協力をお願いしながら頑張りたいと思います。宜しくお願いいたします。