このページをプリントする
リウマチ膠原病外来

リウマチ膠原病外来


診療内容

リウマチとは、関節・骨・筋肉の痛みやこわばりを発症する疾病の総称をいいます。また、膠原病とは、全身のコラーゲン(膠)に変性が見られ、全身の関節・血管・内臓などに障害を起こす一連の疾患群の総称です。いずれにも、自己免疫が深くかかわっています。
当院のリウマチ膠原病外来では、主に膠原病とアレルギー疾患を診療しています。膠原病では関節リウマチが最も多く、そのほか全身性硬化症、全身性エリテマトーデスなどを診療しています。アレルギー疾患ではじんましんを主に診療しています。
診療を行っている患者数は年々増加し、特に関節リウマチの患者数が増加しており、他院からのご紹介もいただいています。関節リウマチの新しい治療である生物学的製剤の使用も行っています。

医師紹介

医師(非常勤)岸本 暢将

専門分野 内科、リウマチ膠原病内科
認定資格 米国リウマチ膠原病科専門医、 米国内科専門医、 日本リウマチ学会専門医、日本内科学会総合内科専門医
得意な治療 リウマチ膠原病疾患の治療全般

スタッフ一覧

非常勤医師 岸本 暢将
非常勤医師 六反田 諒

当院の取り組み

「あまるめ〜る」紹介記事

ドクターズリレー リウマチ膠原病科『関節リウマチの症状と治療』
あまるめ〜る 2017年4月号(4〜5ページ)掲載
リウマチ・アレルギー外来を開設しました
あまるめ〜る 2009年6月号(5ページ)掲載