このページをプリントする
歯科口腔外科

歯科口腔外科


診療内容

歯科口腔外科には、口腔外科を専門とする歯科医師が2名常勤しています。
皆様のかかりつけ歯科医と協力し、顎顔面領域に発生する以下のような病気の治療を担当します。
紹介状をお持ちいただき、初めて受診される方は直接電話で予約をお取りください。
また、患者さんがより受診しやすいよう、土曜(9:00〜12:00)や平日夕方(17:00〜19:00)も診察を行っております。
  • 埋伏智歯を全身麻酔で4本同時に抜歯できます
  • 顎の変形・奇形(顎変形症)
    出っ歯や受け口など、噛合わせやアゴの歪みを手術で治します
  • ケガ(外傷・骨折・歯の脱臼)
    顔や口と歯のケガ、アゴの骨折を治します
  • できもの(腫瘍)
    顔や口、アゴに関連する領域の腫瘍を主に手術で治します
  • 顎関節症
    口が開きにくい・アゴが痛い等のトラブルに対応します
  • 正確な診断と手術で短期間に快適な歯の回復を目指します
  • 口内炎(粘膜疾患)
    治りにくい口内炎は癌の可能性があります
  • 唾石・唾液腺疾患
    お口が乾く、腫れる、食べにくい等の症状が現れます
  • 腫れ・痛み(炎症・嚢胞)
    虫歯や歯周病の細菌が顔や首にウミとして広がります
  • 機能・形態の回復(再建)
    ケガや病気で失われた顔・アゴを手術で回復します
  • 人間ドックの口腔検診
    口腔癌の早期発見・予防に取り組んでいます

短期間に複数の埋伏智歯(親知らず)抜歯が可能

全身麻酔または静脈麻酔を用いて、寝ている間に複数の埋伏智歯の抜歯をまとめて同時に行うことができます。治療は当日の朝に入院し昼間に手術を済ませます。広い範囲を同時に処置しますので、その後の腫れや感染、疼痛を軽減・予防するために点滴の治療を行います。夕方には食事が摂れ、問題が見られないことを確認して翌朝退院となります。滞在時間は24時間ほどです。後日抜糸のために来院していただき処置を終了します。
全身麻酔下での治療は、怖い・辛い・痛いなどの苦痛を我慢する必要がなく、意識の無い状況で快適に処置を済ませることができますので、大変好評をいただいています。

【抜歯の流れ】(一泊入院)



医師紹介

歯科口腔外科部長清水 一

専門分野 口腔外科全般
得意な治療 顎変形症、顎顔面外傷、デンタルインプラント治療
ひと言 受け口や出っ歯、顔のゆがみなどの奇形・変形、顔面の骨折やケガ、デンタルインプラントなど、手術による噛む機能の改善、回復に力を入れています。近年は、CTをもとにした手術シミュレーション技術が進歩しており、正確な診断と新しい治療技術を駆使して、アゴの条件の悪い方にも取り組みたいと考えています。他で治療を断られた方も諦めずに是非ご相談ください。

医師星野 達也

専門分野 口腔外科全般
得意な治療 口腔内手術全般
ひと言 一般の歯科医院では困難な抜歯や口腔内処置、全身疾患があり治療困難な患者さんの抜歯等の治療を行っています。全身麻酔や静脈内鎮静下での処置も可能ですので、治療に不安や恐怖心のある方はご相談ください。


診療実績

2015年度 歯科口腔外科

外来診療日数 290日
外来患者総数 5,573人
初診算定患者数 1,703人
新患数 651人
紹介件数 1,195人
新入院数(内、他科からの転入) 279人(3人)
在院数 428人
平均在院日数 1.5日

2015年度 歯科口腔外科 治療実績

(レベルⅠ基本)
下顎水平埋伏智歯抜歯術 68件
インプラント埋込術(2/3顎未満) 21件
顎骨腫瘍・嚢胞摘出術(3cm未満) 5件
歯根嚢胞摘出術(3cm未満) 4件
下顎隆起・口蓋隆起形成術 3件
萌出困難歯開窓術 2件
顎骨嚢胞開窓術 1件
口腔内膿瘍切開術 1件
歯根端切除術 1件
(レベルⅡ中難度)
完全埋伏歯抜歯術(含過剰歯) 32件
下顎完全埋伏智歯抜歯術(口内法) 22件
顎骨腫瘍・嚢胞摘出術(3cm以上) 5件
歯根嚢胞摘出術(3cm以上) 2件
下顎骨骨折手術 1件
頬粘膜・口底・口唇部分切除術 1件
(レベルⅢ高難度)
上下顎骨形成移動術 2件
(レベルⅣ超高難度)
顎関節形成術 2件
外来手術 1,516件