このページをプリントする
デンタルインプラント

デンタルインプラント


庄内インプラント・ネットワークについて

「庄内インプラント・ネットワーク」は庄内余目病院の口腔外科医と歯科衛生士、かかりつけ歯科医院の主治医と歯科衛生士、インプラントを得意とする歯科技工士、インプラントメーカーが集結し、協力・分担・連携して治療を行う専門家集団のネットワークです。
インプラント治療は、単に無くなった歯を作ることだけでなく、患者様毎に異なる生活環境、お体やお口の状況に合わせて、機能、審美、健康を総合的に創造する歯科治療の集大成です。
定期的に開催するミーティングで日々革新するインプラント治療の情報を共有し、診断、手術、補綴、メンテナンス、トラブルへの対応など、複雑で専門的な治療を、迅速、的確に、そして何よりも安心して受けていただける環境を整備することが目的です。
庄内余目病院の歯科口腔外科にこのネットワークのセンターを設置し、インプラントの専門外来を併設します。このインプラント専門外来では、われわれと一緒にかかりつけ歯科医院の主治医、歯科衛生士が診査・診断、診察、手術、補綴、診療のサポートを行います。また、理想の噛み合わせを作るために、診査の段階から専門の歯科技工士が情報を共有し、治療をプロデュースします。

長期に安定したインプラントを保つためには、お口の環境を整え、専門的な管理を継続することが必要です。そのために、当院口腔外科では診断と手術を主に担当し、患者さんのかかりつけ歯科医と共同で治療を行います。

インプラント治療について

この治療法は、歯が抜けてしまった顎にインプラント(チタン製の人工歯根)を植立し、人工歯を固定して“元の自分の歯のように形態と機能を回復させる”治療法です。自分の歯を削らずに違和感の少ない歯が入り、硬いものもしっかりと噛むことができます。インプラント素材の「チタン」は、人体の異物反応や金属アレルギーを起こしにくい移植に適した金属です。約50年前より臨床に応用されており、多くの研究データに裏付けされた信頼性の高い治療法です。

歯を失ったあとの治療法

入れ歯

  • 〇治療期間が短い
  • 〇自分で外すことができる
  • ×見た目が悪い
  • ×装着時の違和感
  • ×特有の臭い
  • ×紛失しやすい
  • ×モノが挟まると痛い
  • ×美味しくない
  • ×硬いモノがかじれない
  • ×金具のかかる歯に負担がかかる
  • ※保険適用

ブリッジ

  • ×大切な歯を削る
  • ×健康な歯に大きな負担をかける
  • ×多数歯がなくなると治療が困難
    (中間の歯の欠損が対象です)
  • ※保険適用

インプラント

  • 〇健康な歯を傷つけず、自分の歯への負担が少ない
  • 〇自分の歯のようにしっかり噛める
  • 〇自然な見た目できれい
  • ×時間がかかる
  • ×費用が高い
  • ×対応できるクリニックが限られる
  • ×手術が必要
  • ※保険適用外


当院で扱うインプラントシステム

現在、国内外には数多くのインプラントシステムが存在しています。インプラントはその安全性や耐久性、信頼性や実績を考慮した上で、患者さんの口腔に最も適したものを選択することが重要と考えています。
当院では、臨床の実績が最も長く適応範囲の広い「ノーベルバイオケア」と、安定性の評価が高い「アストラテック」のインプラントを中心に、骨に近いアパタイトの表面加工がされたAQB・スプラインなど、多様なシステムに対応しています。

3D画像による診断・治療プランニング

歯が抜けたあと、あごの骨は減少し変形してしまいます。歯周病で歯がなくなった方は特に大きく骨が減っています。患者さん毎に形態や条件が異なりますので、インプラント治療には、まず正確な適応の診査と設計が必要です。
当院ではCT画像情報を用いてコンピューター画面上で様々な角度から骨の形態や質を詳しく診査する3Dシミュレーションソフトを導入。このシステムで術前にインプラントを埋入する位置・方向を決めます。予め作製した手術用ステントを用いると、より安全に正確な植立手術が小さな切開でできます。さらにインプラント埋入直後に人工歯を装着し、当日から食事をとることもできます。


無歯顎(歯が全くない方)の治療

① 歯が全くない方も手術当日に歯を装着できる「All-On-4」(オール・オン・4)

「All-On-4」(オール・オン・4)は、歯がなくなったあごに4本のインプラントを支えとして12本の歯を固定する治療法です。従来の治療法では骨が少なく不可能とされた方、骨の移植が必要とされた方、総入れ歯の方でも前方に残っている骨を最大限に活用してインプラントを植立します。固定性の歯は入れ歯と違って、突然外れる、ずれるといった不安もありません。さらに、手術後にすぐ仮歯を入れられるので、不自由な時間が少ないことも大きな利点です。

≪All-On-4のメリット≫

  • インプラントの本数を減らし、費用負担を軽減できる
  • 骨移植など追加処置が不要で低侵襲な手術
  • 治療当日から、固定性の歯で食べ物が噛める
  • 治療回数や期間も抑えられる

② 入れ歯とインプラントの組み合わせ「アタッチメント義歯」

インプラントをたくさん入れると費用がかかる、また高齢者で体調の面で大きな手術に踏み切れない方にお勧めの治療法です。下顎前方に2本のインプラントを埋め込み、特殊な器具(アタッチメント)をつけて、入れ歯をカチッと止める方法で、総義歯が浮いてしまい、不安定で話しにくい、しっかり噛めないといった悩みも、インプラントよって入れ歯が安定し、しっかりとした噛み心地を取り戻すことができます。

インプラントの費用と保険適用について

インプラント治療は、健康保険が適用されない「自由診療」です。
当院でのインプラント治療費用の内訳は、おおよそ下記のようになります。

【インプラント1本あたりの治療費】

  • 診査・診断料(レントゲン、CT撮影等)
    27,000円~
  • インプラント手術代(2次手術を含む)1本
    180,000円~(上部構造物は別です)
  • All-on-4
    1,500,000円~

【広範囲顎骨支持型装置(保険適用)】

ケガや腫瘍などの病気であごの骨が欠損した方に対して、インプラント治療が保険導入されました。
当院も認定施設に登録されています。詳しくはお問い合わせください。

万が一のトラブルの際には・・・

インプラント治療後はまれに金属部分の破損、歯肉の炎症、骨の吸収など、様々な問題を生じることもあり、異物として顎にとどめることが難しい状況にもなりえます。そうならないためにも虫歯や歯周病と同様に、日常のご自身によるケアと定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けることが大切です。不幸にもトラブルに発展した場合には、早目に専門的な処置を受けることが重要です。
当科ではかかりつけの歯科医の先生と協力し、外科を専門とする立場から、歯肉の腫れ、骨の吸収など炎症への対応を担当しています。

お問い合わせ

担当 歯科口腔外科
所在地 〒999-7782 山形県東田川郡庄内町松陽1丁目1-1
TEL 0234-43-3434(代表)
E-mail amarumehp@tokushukai.jp