このページをプリントする
高気圧酸素治療

高気圧酸素治療


高気圧酸素治療の概要

「高気圧」という言葉を聞いたときに、最初に思い浮かぶのは、天気予報で使われる「高気圧」だと思います。
「高気圧」と「低気圧」。文字通り、気圧の高い場所、低い場所を表します。高気圧酸素治療でも同じ考え方で、ある装置の内部に大気圧(≒1気圧)より高い圧力をかけます。この圧力のかけ方は、病気の種類や装置によって異なりますが、2.0~3.0気圧で、水深10~20メートル潜った時とほぼ同じ圧力がかかります。大気圧では、血液中の赤血球にあるヘモグロビンと酸素が結合して、体のすみずみに酸素を運んでいますが、高気圧酸素治療中は、ヘモグロビンの他に、体液中にも酸素を溶け込ませることができるので、結果的に体の中にある酸素の量は増えることになります。この治療を続けていくことによって、低酸素状態になっている組織に、より多くの酸素を送ることができ、症状を改善することが可能となります。
ただし、むやみに酸素量を多くする事もできません。あまりにも酸素が多くなりすぎると、「酸素中毒」を引き起こしかねないからです。また、「高気圧」という特殊な環境の中で治療を行うため、他にもさまざまな症状が現れることがあります。私たちは、患者さんがこのような特殊な環境の中にさらされるため、治療中の状態に注意しながら治療に当たっています。
ここ庄内地区でこの治療ができるのは当院だけです。 2001年3月にこの装置が導入されてから、のべ2000回超の治療を行ってきました。詳しい統計などは、ホームページの統計をご覧ください。
診療実績・統計はこちら

高気圧酸素治療装置について

高気圧酸素治療装置には、大きく分けて2種類あります。ひとつは、患者さんが一人だけ入って治療を行うもの、もう一つは、患者さんと治療に当たるスタッフが数人一組になって装置の中に入って治療を行うものがあります。前者は第1種装置で、後者は第2種装置と呼びます。
当院の高気圧酸素治療装置は、第1種装置が1台あります。この装置では、前述した通り、患者さんが一人だけしか入れないため、重症の患者さんの治療は行うことができません。高気圧酸素治療では、装置の内部に大気圧より高い圧力をかけると同時に、装置内部に気体を流します。治療の方法により、内部に流す気体が異なります。
①100%酸素を装置の内部全体に流す方法。(大気中の酸素濃度は、約21%です。)
②空気を装置の内部全体に流し、酸素をマスクで吸入する方法。
なお、当院では2011年8月にこのどちらにも対応できる装置に入れかえました。
これまで治療できなかった減圧症の治療も可能になりました。

高気圧酸素治療の適応

救急的適応

  • ① 急性一酸化炭素中毒その他ガス中毒(間歇型含む)
  • ② ガス壊疽、壊死性筋膜炎又は壊疽性筋膜炎
  • ③ 空気塞栓又は減圧症
  • ④ 急性末梢血管障害
    • (1)重症の熱傷又は凍傷
    • (2)広汎挫傷又は中等度以上の血管断裂を伴う末梢血管障害
    • (3)コンパートメント症候群又は圧挫創症候群
  • ⑤ ショック
  • ⑥ 急性心筋梗塞その他冠不全
  • ⑦ 脳塞栓、重症頭部外傷若しくは開頭術後の意識障害又は脳浮腫
  • ⑧ 重症の低酸素性脳機能障害
  • ⑨ 腸閉塞
  • ⑩ 網膜動脈閉塞症
  • ⑪ 突発性難聴
  • ⑫ 重症の急性脊髄障害

非救急的適応

  • ① 救急的適応疾患であって、発症後の期間が1週間を超えたもの
  • ② 放射線又は抗癌剤治療と併用される悪性腫瘍
  • ③ 難治性潰瘍を伴う末梢循環障害
  • ④ 皮膚移植
  • ⑤ スモン
  • ⑥ 脳血管障害、重症頭部外傷又は開頭術後の運動麻痺
  • ⑦ 一酸化炭素中毒後遺症
  • ⑧ 脊髄神経疾患
  • ⑨ 骨髄炎又は放射線壊死
健康保険上では、上記のように大分されますが、その他、さまざまな病気に対してこの治療が有効とされています。(個人差があります)

高気圧酸素治療の方法

高気圧酸素治療はどうやってやるの?という疑問が出ると思います。この治療で、患者さん自身にしていただくことは特にありません。装置の中で約90分間過ごしていただくだけです。テレビを見ていただいても結構ですし、お休みになっても構いません。
ただ治療開始から15分間と治療終了前10分間は、耳がつーんとしたり(新幹線でトンネルの中に入った時や航空機で離陸した時など、起こりやすいですね)、場合によっては、痛くなることもあります。このような時は、スタッフに遠慮なさらずに教えてください。マイクを通じてお話もできます。治療回数、治療日数は適応疾患や症状の改善度により変わります。

  • チェック
    ①装置に入る前のチェックを
    行います
  • キャプション
    ②いよいよ装置の中へ入ります
  • キャプション
    ③患者さんとコミュケーション
    を取りながら徐々に気圧を高め
    ていきます
  • キャプション
  • キャプション
    ④治療中でも、装置の中から
    テレビやUSENを視聴できます
  • キャプション
    ⑤治療中もインターホンを通して
    患者さんとコミュニケーションを
    とります

高気圧酸素治療を受けるにあたって

高気圧酸素治療を受けるにあたり、患者さんの着衣や所持品にある程度の制限を設けさせていただくことになります。これは高気圧酸素治療の性質上、避けて通れないものであり、また治療される患者さんの安全を守るためですので、ご了承ください。
ご不明な点がありましたら、遠慮なく病院スタッフにご相談ください。

お問い合わせ

担当 臨床工学科
所在地 〒999-7782 山形県東田川郡庄内町松陽1丁目1-1
TEL 0234-43-3434(代表)
E-mail me@amarume-hp.jp